介護

死に直面する仕事をしていて思うこと

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん
スポンサーさん

どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。
私は、介護施設で働いていて、看取りをしている施設ですので、人が亡くなる場面は普通の人より多く経験しています。毎回毎回色々思うことがあります。



本当はそんなの見たくない

出来れば、誰しもそんなのみたくないですよね。
私は、介護の仕事を志し専門学校に入り勉強をして進路を考えなくてはならなくなった時、最初はデイサービスを希望しました。

デイサービスとは

デイサービス(通所介護)とは、デイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の福祉施設に日帰りで通い、お食事やご入浴、レクリエーション、機能訓練等を受けられる介護サービスです。 お客様の社会的孤立感の解消や心身の機能の維持、ご家族の介護負担の軽減等を主な目的としています。
引用:https://www.azumien.jp

私はおじいちゃんおばあちゃんが大好きです。でも、大好きだからこそ、苦しんだり痛かったりという姿は見たくないので、デイサービスは比較的に元気な方がくるので、そういうのが見なくて済むなと思ったから、デイサービスを希望していました。

でも結局は、賃金の問題や働きやすさなど考慮した結果、今は特別養護老人ホームという部類の施設で、わりと重度な方ばかりをお世話させていただいています。
まさか、看取りをすることになるとは思いもしませんでした。

毎回勉強させていただいている

この仕事をするようになり約12年。たくさんの方を見送ってきましたが、本当に毎回毎回勉強させていただいています。
病気で亡くなる方ももちろんいますが、老衰の方が多いです。
・家族皆が来るのを待って逝く人
・大好きな職員が来るのを待って逝く人
・行事の前、又は終わってから逝く人
・本当に眠るように逝く人
・頑張って頑張っていた時に、家族に「もう頑張らなくていいよ、休んでいいよ」と言われ、すーっと逝く人

中には、冗談で「今日は私、報告書とかやんなきゃいけないから、今日はダメだよ!」
と言った次の日に逝く人も。
気を使わせちゃってすいませんって感じでした。

本当に様々です。
まさに、その人の「生きざま」というのを間近で見させていただいているといった感じです。

また、○○の病気の場合は○○になるだとかそういうことも毎回勉強させていただいています。

ご家族への対応

ご家族へは
「たくさん声をかけてあげてください。たくさん触れてあげてください」
とよく言っています。
人は、耳は最後まで聞こえていて亡くなってもしばらくは耳の機能は動いていると言われています。
現に、亡くなる直前に、ご家族の言葉で微笑む人もいます。
なので、亡くなる前や亡くなったあとにはいつもこの言葉をご家族にお伝えしています。

何回経験しても…

正直、何度経験しても慣れるものではありません。まぁ、慣れたくはありませんが。まして、介護士はご家族より晩年の長い時間を一緒に過ごしていたので、本当に言葉には出来ない色々な思いが溢れてきます。
「もっとあぁしてあげればよかったな」とか「○○食べさせたかったな」とか。
だから、毎回勉強させていただいているなぁと思います。

おわりに

ちょっと、重い内容にはなってしまったんですが、なかなかわかりづらい、知られていない世界かなとは思ったので、発信してみました。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん
スポンサーさん


ABOUT ME
ひまわり
アラサー、結婚4年目の旦那大好き兼業主婦です。スーパープラス思考で基本的に嫌なことは寝れば忘れます。でもデリケート(笑)お腹がすけば不機嫌になります(笑) 好きなもの→炭酸ジュース、ウナギ、旦那、家族、友達、100均、海、ネットサーフィン(笑)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。