ひまわりごと

介護の道を選んだわけ

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん

どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。
私は、介護福祉士の資格を持ち、介護施設で働いて10年以上になります。
今日は、なぜ私が介護の道を選んだのかについてお話ししたいと思います。



年寄りが周りに沢山いる日常

祖母と同居していて、小さい頃は祖母と一緒に寝ていました。地域にも沢山お年寄りがいて、自分の祖父母以外にも、○○のじーちゃんばーちゃんと呼ぶくらい良くしてくれるお年寄りもいましたし、学校から家に帰る途中、色々なお年寄りに「ひまちゃんおかえり~」って言われるのが普通だったし、家に帰ると、祖母と一緒にお茶飲みしてるおばあさんがいるのも日常でした。

高校でホームヘルパー2級を取得

元々、介護の仕事をしたいからということで、高校を決めたのではなく、最初はファッション関係の仕事につきたくて、この高校に入ったんですが、私が通った高校は、様々な資格を取ることができて、ファッション関係の資格と同時進行で、ホームヘルパー2級を取得しました。
本当は介護と保育の授業、どちらをとろうか迷っていたんですが、私たちの学年から保育の授業がなくなったんで、介護の授業を選択しました。
ちょうど、祖父が寝たきりで叔母が家で介護をしていて、間近でそういうのを見ていて手伝いたいなと思って勉強してみようというところもありました。
私、その頃資格マニアで、色々な資格に挑戦してました。
ファッション関係の仕事につこうと思っていましたが、ファッション関係に進んだ先輩から、色々聞いて「私には向いてないな」と思ったのと「ファッション関係は趣味レベルでいいかな」と思ったので、諦めました。

介護の授業でホームヘルパー2級を取得したのをきっかけに、おじいちゃんおばあちゃん好きだし、今まで色々お世話になったし、私は人一倍以上迷惑をかけてきたから、恩返しのつもりで介護の道に進もうと思いました。
元々、進学する気は一切なく、卒業したら働こうと思っていました。

専門学校へ進学

色々調べた結果、ホームヘルパー2級レベルの資格では、働いても無資格と同等で、資格手当てもないということを知り、だったら専門学校に入り国家資格をとってからでもいいんじゃないかと思うようになりました。
元々、両親は私がやりたいことには一切反対しない人たちだったので、今となっては本当に感謝でした。
そして、無事に卒業し国家資格の介護福祉士を取得し、介護施設で働くようになり今に至るといった感じです。

介護の道を選んだ訳

これまでのことをまとめると、小さい頃から年寄りが周りにいるのが日常だった、恩返しがしたかった、祖父の介護を手伝いたかった、そして何よりもおじいちゃんおばあちゃんが好きっていうことが大きいかなと思います。

おわりに

私は、高二で介護の道を志し、それからずっと介護一色で、よく言う、好きを仕事に出来ています。
私の場合は、正直運が良かったとしか言いようがありません。
介護の道を選んだきっかけはこんな感じでした。
進路に迷っている、やりたいことがわからないという方の参考に少しでもなれば幸いだなと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん



ABOUT ME
ひまわり
アラサー、結婚4年目の旦那大好き兼業主婦です。スーパープラス思考で基本的に嫌なことは寝れば忘れます。でもデリケート(笑)お腹がすけば不機嫌になります(笑) 好きなもの→炭酸ジュース、ウナギ、旦那、家族、友達、100均、海、ネットサーフィン(笑)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。