ずぼら術

日本人は家事しすぎ!

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん

どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。
皆さん、家事し過ぎなんですよ!
今回は、日本人の家事し過ぎな件についてお話ししたいと思います。



私の家事に関しての考え

私は、超がつくほどのおばあちゃんっ子で、小さい頃から祖母に「女というものは…」とか「主婦というものは…」っていう、THE昔の考えを刷り込まれてきていました(笑)
でも、それが悪いって言ってるわけではなく、祖母のおかげで今があるって思います。
前は、その祖母からの刷り込みもあり【主婦というものは】というものに、かなり縛られていました。

だから、夜勤明けとかでうっかりソファーで寝ちゃって気がついたら旦那帰ってきてて、ご飯も作ってないし片付けもしてないしって状態にかなりの罪悪感、自己嫌悪を感じていました。
旦那は、家事をちゃんとやれ!なんて全然思ってないし、一度も言われたことないんですけどね。

でも私、基本的に家事好きなんです。(ずぼらなくせに。笑)
10代の頃の夢は、専業主婦でしたから。
だけど、ずぼらだからラクしたい!
でも、気まぐれだから時々力入ります(笑)

昔は、仕事もやって家事も完璧にやって、料理も麻婆豆腐とかエビチリとか素を使わずに作ってます的なスーパー主婦を目指していたし、実際やっていた時期もあります。
でも私には合わなかったしキャパオーバーだったし、精神衛生上良くなかったんです。
家事が完璧でも、自分がハッピーじゃないと意味がない!
だから今は、自分に合った無理のない家事量が一番大事だなと考えるようになりました。

このままだと日本は滅びる!?

外国と比べ、日本の女性は家事をしすぎなんですって!
このままでは、国が滅ぶといっても過言ではないくらいらしいです。
↑大げさな気もしないでもないけれど。
外国の家事量なんて知る機会なかなかないし、「これが当たり前」って思ってるから、家事しすぎとか思いづらいのかもしれませんね。

日本の女性が家事をしすぎってのは、確かになと思いますが、旦那さんが家事をしないってのも理由の一つなのではないかと思います。
共働きならば、男だから~女だから~ではなく、条件的には一緒だと思うんです。
女だから、女だけが家事をしなければならないっていうのは、もう昔の考え!
そんな考えの男性がいるとしたならば「何様?」って言いたくなります。笑

さぁ、日本初が滅びないために、旦那さんにも家事をさせましょう!

って、なかなか簡単には出来ないですよね。

家事は、出来る人が出来るときに無理のないレベルでやるってのが広まればいいなぁと思います。
私も、広めていきたいと思います。

世界の家事量はどれくらい?

今までの家事量が、多すぎるってわかっていただけた次に、世界に目を向けてみたいと思います。

台湾…食事は基本的に、外食が普通で食材を買って自分で作る方が高くつくとのこと。←これは日本でもそういう場合ありますよね。

ベトナム…野菜もしっかり摂れるし安いとの理由で、外食が普通。

マレーシア…別にお金持ちって訳でなくても、お手伝いさんがいる家庭がすごく多い。

シンガポール…3食外食が普通。

香港…カップルの数よりお手伝いさんがいる家庭の方が多い。←なんという比較だって感じですが(笑)

カタール…料理は妻がするものという考えがない。

イギリス…家での料理=冷凍食品を温めるだけ。

世界に目を向けるとずぼら家事な自分でも、めちゃくちゃやってる方じゃん★と、急に謎の【出来る女気分】になれます(笑)
皆さん、自信をもっていいんです!

どんどん機械に任せよう

今、どんどん私たちの仕事が機械にとられてきています。(例・レジとか)
そんな感じで、家事もどんどん機械に任せましょう。
洗濯機や炊飯器は、すでに当たり前になっているとは思いますが、導入時は「手作業でやった方がいいに決まってる!」っていう反発心みたいなのも少なからずあったと思います。
ちなみに私も、食洗機が出たての時は「自分で洗わないと不安」とか「自分で洗った方がよく落ちる」とか思っていました。
でも、全然そんなことないんですよね(笑)

家事を機械化するためにどういうのを活用できるか、いくつかあげてみますね。
洗濯乾燥機、ロボット掃除機、ロボット吹き掃除機、ホームベーカリー、ノンフライヤー、その他電気自動調理器具、自動で掃除するエアコンや換気扇やトイレ、生ゴミ処理機、スライサーなどなど。

沢山ありますね。
私はずぼらなので、洗濯機回して、炊飯器でご飯炊いて、ホームベーカリーでパン焼いてって全部機械にさせてるのに、勝手に自分が同時に三つのことをやってる気分になって、また謎の【出来る女気分】になってます(笑)

そんな感じでうまく活用して、子どもに絵本を読んであげたり、一緒に遊んだりと【あなたにしかできないこと】に時間を使いましょう。

おわりに

今や、女性がパーフェクトに家事をするという考えは古いです!
使えるものは使いましょう。何事もメリハリが大切です。
日本人女性はまじめなので、助けを求めることに躊躇して、つい一人で抱え込んでしまう。甘える、頼ることが苦手な傾向にあるみたいですが(私も自覚あり)、どんどん旦那さんに頼りましょう!周りに頼りましょう!物に頼りましょう!

家事で頭一杯にならないように、自分がハッピーになることに目を向けましょう。
無理をしない。ずぼら家事くらいがちょうどいいのです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん
スポンサーさん


ABOUT ME
ひまわり
アラサー、結婚4年目の旦那大好き兼業主婦です。スーパープラス思考で基本的に嫌なことは寝れば忘れます。でもデリケート(笑)お腹がすけば不機嫌になります(笑) 好きなもの→炭酸ジュース、ウナギ、旦那、家族、友達、100均、海、ネットサーフィン(笑)