恋愛

結婚の挨拶に行くために旦那がしたこと

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん


どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。

結婚関係の記事が続きましたが…
女性向けの記事が多いこのブログですが、今回は結婚の挨拶に行くために旦那がしたことをお話ししたいと思います。
これから挨拶に行くメンズの皆さんの参考になれば嬉しいです。

挨拶に行く前の関係

会うのが全くの初めてなのか、何度か会ったことがあるかによって、ちょっと気持ちや心構えが変わってくると思います。
我が家の場合は、旦那とうちの家族は何度か会っていて、結婚を決める前に私の実家にも来ていましたし、旦那とうちの父親は、会う度に飲むような仲でした。

挨拶に行くために旦那がしたこと

髪の毛を黒染め

旦那の提案で少しでも印象を良くするためにって、髪の毛を黒く染めました。私は、全然明るかったですが(笑)

手土産を買う

父親にはお酒、母親にはお菓子を買いました。
私は、二人に一つ箱のお菓子をポンっと買えばいいかな的に思ってたので、一人ずつに、しかも相手の好きなものをリサーチした上で購入するとかマメだなと思いました。お菓子が包まれてた可愛いピンクの風呂敷、いまだにうちの母親はもっていて、お気に入りみたいです。お菓子より風呂敷の方を喜んでいた(笑)

彼専用ゼクシィを熟読

ゼクシィについてくる、付録の小冊子で「彼専用ゼクシィ」というものがあります。それを旦那は熟読されておりました。
ちなみに、ゼクシィは何月号から読み始めても良いように大体4冊で内容が一巡するようにできているらしいので、買い逃したということがないので安心です。
ちなみに「彼専用ゼクシィ」は最近でいうと6月号についてきています。

いよいよ挨拶へ

旦那はスーツを着て、私は、ちょっとおとなしめのワンピースを着て行きました。
その頃は、まだ祖母が生きており入院していたので、先に病院にお見舞いに行きました。もう、目も開けれないし喋れないしくたっとしている祖母でしたが、帰り際に旦那が「ひまわりさんを大事にします」って言った時、カッと目を開けて旦那を見た。「よろしく」ってでも言いたかったのかなと思った。元気だった時、旦那のこと気に入ってくれてたからさ。正直、それ見て泣きそうだった…
そのあと、ご飯屋さんに行きました。本来であれば、私の実家でご挨拶が一般的だと思うんですが、その頃まだ仮設住宅に住んでいたので、ご飯屋さんにしました。
挨拶に行く前は、最初に言うか、ちょっと話をしてから言うかとか、さんざん考えていたんですが、緊張しちゃって旦那なかなか言えずじまい…
結局、まさかのうちの父親から「で、結婚するのか?」ってきりだされての挨拶となりました(笑)

旦那「ひまわりさんと結婚させてください」
父親「(即答で)オッケ~」

うちの父親は娘大好きで、10代の頃から「結婚反対する宣言」をされていたので、私、ポカンとしちゃいましたよ(笑)

その後、父親が「いやー、今日はめでたいめでたい。お祝いだ」と嬉しそうに話すのを見て、この人と結婚することにして良かったなと思いました。

ちなみに、旦那はスーツでいったのに、うちの両親は正装のかけらもなし。
うちの父親にいたっては、下はジャージのズボン、上はピンクのポロシャツ、靴はつっかけサンダルみたいな感じで、こんなもんなの?って感じでした。

おわりに

我が家の場合は、例外だったかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。
男の人にとって、彼女の家族に結婚の挨拶に行くってすごくすごく緊張することだと思います。
友達は、彼女のお父さんが警察官とか学校の先生とか自衛隊とかで、めちゃくちゃビビってましたし。
少しでも、良い雰囲気になるように男の人の緊張がほぐれるようにサポートできれば良いのかなと思いました。
既婚の皆さんのエピソードも、良かったら教えてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓スポンサーさん↓
スポンサーさん


ABOUT ME
ひまわり
アラサー、結婚4年目の旦那大好き兼業主婦です。スーパープラス思考で基本的に嫌なことは寝れば忘れます。でもデリケート(笑)お腹がすけば不機嫌になります(笑) 好きなもの→炭酸ジュース、ウナギ、旦那、家族、友達、100均、海、ネットサーフィン(笑)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。