ひまわりごと

東日本大震災体験者が語る ○○を活用した あってよかったもの




どうもこんにちは。
ひまわり(@positivegirl___)です。
以前、東日本大震災についてお話しさせていただきました。

あわせて読みたい
初めて話す震災の話 どうもこんにちは。 ひまわり(@positivegirl___)です。 先日、しゅうへいさんの公開コンサルを受けたお...

東日本大震災をきっかけに防災グッズの必要性ですとか、○○が便利!みたいなのが、沢山ネットにも書かれるようになってきました。
今回は、体験者が語る○○を活用した、あってよかったというお話しをしたいと思います。

結婚式のキャンドルサービスのキャンドル

停電時にろうそくは、定番だと思います。
私は、その時ちょうどアロマキャンドルにはまっていて沢山持っていたので、それを活用しました。職場の人には「被災したのに、なんかおしゃれだよね」と言われましたが(笑)
で、停電時に大活躍だったのが、結婚式のキャンドルサービスのキャンドルです。結婚式をして、キャンドルサービスをした方、記念に取っておいている方いらっしゃるんじゃないでしょうか?
記念だし思い出だから使いたくはないとは思いますが、キャンドルサービスのキャンドルは、そのへんに売っているものより全然大きいので、長持ちしますし明るさも違います。
職場の人は「30年以上前の両親の結婚式のバカでかいキャンドルが役にたった」と話していました。
これから結婚式でキャンドルサービスを予定されている方、記念に思い出だからにプラスして、防災グッズという観点からもとっておくべきではないかなと思います。

雪・雨を活用

東日本大震災の日3月11日、東北ではまだ雪が残っているところもありました。
私たちは、雪をバケツに入れてひなたで溶かしたり、たらいに入れて反射ストーブで溶かしたりしました。
さすがに汚いので飲み水には使えませんでしたが、トイレを流す水に使いました。
水がないのでトイレを流す水は優先順位は低く、トイレは流さないでひたすらためるしかないなと思っていましたが、やはり臭いとか衛生面から考えるとよろしくないので雪は大活躍でした。
雨が降るとなったら、バケツを外に出したり、ブルーシートに雨水がたまるようにしたりして雨水を確保し、それも活用していました。

発電機

漁師町あるあるかもしれませんが、発電機を持っている家庭が多いんです。なので、停電時には重宝しました。
流されていない家庭の人が「使って~」って持ってきてくれて、どうしても電気を使わなきゃいけないときとても助かりました。

津波に流されても大丈夫なもの

燃えてしまったら灰になってしまいますが、津波に流されるだけなら、波が引いてしまえば意外と使えるものがあります。
ただし、津波は一回だけではなく何回くる可能性があります。なので、そこには本当に気を付けていただきたいと思います。

プロパンガス

うちの地域はプロパンガスの家がほとんどだったので、波が引いてからプロパンガスを取りに行きました。ちゃんと使えました。
火、必要ですからね!

未開封の瓶缶類

未開封の瓶缶類も津波に流されても無事でした。
なので、お酒・ジュースも飲めました。衝撃で、缶が変形している場合もありますが、中身は問題なかったです。
水分大事ですからね!
「津波の日は流された人たちで、大宴会だった」と父親が言ってましたが、正直飲まないとやってられなかったんですよね。

洋服類・タオル・布団

洋服は洗えば着れますし、布団も乾かすの時間かかりますが、使えます。
断水で水がないときではありましたが、川の水で洗ったりしてました。
でも、塩水と泥はしっかり洗わないといけないので、注意が必要です。

おわりに

よくいわれている防災グッズのようなものももちろん大事です。
でも今回は実体験をもとに活用したもの、あってよかったもの、活用したもののお話しをさせていただきました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ひまわり
アラサー、結婚4年目の旦那大好き兼業主婦です。スーパープラス思考で基本的に嫌なことは寝れば忘れます。でもデリケート(笑)お腹がすけば不機嫌になります(笑) 好きなもの→炭酸ジュース、ウナギ、旦那、家族、友達、100均、海、ネットサーフィン(笑)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。